Antique kimono
アンティーク着物の世界

結々で取り扱っているアンティーク着物は、大正〜昭和初期ごろの戦前に誂(あつら)えられて、実際に当時のお嬢様方が着ていたものです。

令和の時代から逆算するとざっと80年〜100年前の古いお着物で、骨董品や古美術品と並び、もう二度と現代では作ることが出来ない貴重な宝物です。このアンティーク着物の世界はとても奥深く、日本人としてぜひこの歴史や文化の背景も知ってもらいたいと思い、このページを綴っています。私の溢れるアンティーク着物愛とともにお届けいたします。どうぞお時間のあるときにごゆっくりご覧ください。

当時のこどもと七五三

7歳までは神のうち

当時の親御さんが愛する子供のことを想い、その成長を願い、七五三詣りでは特別な思いで着物を誂えていたのだと思います。今のように予防接種や医学の進歩もまだまだで、ひとたび疫病などにかかれば命に関わる一大事だった時代。「7歳までは神のうち」かつての日本には、こんな悲しい言葉があったそうです。「7歳まではいつ亡くなってもおかしくない」という意味です。

だからこそ、七五三を迎えられる喜びと感謝を神様に伝え、家族皆で祝っていたのだと思います。そのような愛と祈りに溢れた結々のアンティーク着物たち。それぞれの着物にはたくさんのストーリーが詰まっていて、どれもずっと大切にしたい、私にとって1冊1冊の物語のような存在です。

時代背景と着物のデザイン

大正ロマンのはじまり

明治維新以降、文明開化が起こり、西洋文化が一気に日本に輸入されるようになり、ヨーロッパで当時流行していた「アールヌーボー」や「アール・デコ」の影響を大きく受けていきます。着物にも西洋のお花柄や、大胆な構図、個性的な柄行き、カラフルな染料を使った華やかなものがたくさん作られて、一般市民も時代とともにお洒落を楽しむようになりました。

これがいわゆる「大正ロマン」のはじまりです。その後、昭和初期ごろまではまだまだ着物が女性の普段着でしたので、たくさんの着物のデザインが生まれていきました。結々の着物はこの頃に作られた色鮮やかで様々な美しいデザインのもので、見ているだけでまるで美術館にいるような気分になります。

アンティーク着物の流通

一期一会の仕入れ

通常の呉服屋やレンタル業であれば着物の仕入れ方法はいたってシンプルで、着物問屋から希望する色や柄のものを購入したり、新たに作ってもらえば済みます。ですが、このアンティーク着物の仕入れとなると、多方面から探し回らなくてはいけません。

アンティークこども着物レンタル 結々

決まった仕入れ先はなく、ある時は質流れのものを、ある時は古物市場の競り、ある時はネットオークション、そしてある時は神社で開かれる骨董品市などなど。いつどこで状態もよく素敵なデザインの着物に出逢えるか分からないので、日常的に素敵で状態の良いアンティーク着物を探求する日々を送っています。

そもそも現代に残っているアンティーク着物とい